この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

25

カタタ

まさに因果応報。
カネと権力ってものすごい武器になるね!っていうのが今回11話目の内容でした。
真由佳(花江もだけど)が女を武器に、限りなくアウトに近いセーfいや、アウトなことをやってますが、フィクションだから許されることです。決してマネしてはダメです。この子、ほんと危ないことやってる自覚がない。
ちなみに、この話の終わりあたりで修也の一人称が“私”になっていますが、誤字ではないです。お偉いさんの前だから畏まっているのです。
なんか自分で書いてて違和感ある気がして不安。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?