この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

32

heim

一桁はないわ!
__
閲覧・オススメ・お気にいりありがとうございます。
ヒナのため、と娘を言いくるめた父ですが、実際には前の学校でトラブった関係で、娘には父の権威を使わせておきたかったという本音があります。サクヤの抱える問題は、ここではないいつかでサクヤ自身がヒナに伝えるでしょう。
それとは別に、実際何やらかすかわからないケセドに解析塔の全員が戦々恐々。かといってヒナの存在を嫌がってる訳ではないです。むしろヒナ関連では周囲に相談無く我儘貫いてる姿に「あの人も人間だったんだな」と思われてます。その点では皆応援したいと思ってます。今までは無欲過ぎてむしろ心配されてました。
学園上層部や担任には、解析塔から昨日夜の段階で話が伝わってるので静観。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ