この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

31

heim

一個だけ隠してるのは「塔勤めの上級解析士の家は普通の収入じゃない」という事実。
__
閲覧・オススメ・お気にいりありがとうございます。
解析士、しかも上級で塔勤めとなれば、本当の街の一般家庭から見れば全然普通じゃないんですが、ここでそこまで教えると面倒ですのでサクヤは黙ってます。一応サクヤ父は常識人なので法外な買い物は許しませんし、ギリギリ普通の範囲で上質な衣服を買うつもりです。下手に安物を買ったらケセドに却下されるんでは、と予想してるけど、高いと考えたらヒナは買おうとしないだろう、という予想もしてるのでこう言いました。
あれこれ気を遣って大変そうですが、サクヤは楽しんでます。安心して付き合える友人、がかなり久しぶりなのでちょっと浮かれてるくらいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ