この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

31

heim

空気は故意に変えました。が、言い合いは真面目です。
__
閲覧・オススメ・お気にいりありがとうございます。
少女が気にしてるので頑張って空気を変えてみた大人二人ですが、元からの関係性から、これ以上の譲歩は難しかった模様。男子校の馬鹿な先輩後輩位までの譲歩しか出来ません。周囲に「仲良いね」と言われると「良くない!」と二人揃って断言する感じ。大人だから互いにこれ位までなら譲歩出来ます。
レイはセフィラの命令に一切従わないだけで、セフィラが自分にどういう態度をとろうが気にしません。セフィラが自分を敬おうが嫌おうが懐こうが無関心だろうが、レイ自身はどうでもいいです。だからケセドがどんな態度をしようが気にしてません(気にしないからこそ態度を変えなくて、余計に嫌がられてますが)。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ