この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

29

heim

あいつが大事にするなら俺も大事にしてやるよ。
__
閲覧・オススメ・お気にいりありがとうございます。
アイン・ソフ・オウルとレイは、主従ではないです。主従よりも深い関係、絶対に切れない間柄。二人が元々なんなのか、は別の話になりますが、レイはレイになった時点から自分をアイン・ソフ・オウルの端末だと自認してます。単純に機能だけで見れば、アイン・ソフ・オウルの可能なことの全てがレイにも可能なので、端末と言うにはあまりに権限があり過ぎるんですが……それは二人にとって大きな問題ではないようです。
セフィラであるケセドが可能なのは「04」の通り、最初の0であるアインの使用までとなります(つまり作中でレイがやった行為ならケセドにも出来る)。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ