この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

30

heim

サクヤにとっては、久しぶりにできる友達。
__
閲覧・オススメ・お気にいりありがとうございます。
解析ができる同士なら、内緒話は解析使って口で話さず交わすことも可能ですが(誰かに見破られる可能性もあり)、ヒナが解析不能なのでそんなことは口にも出さないサクヤです。むしろ、誰かに傍受される確率が上がる解析通話より、生の音声によるその場の会話の方が秘匿性が高い世界。サクヤ父などがこういう場所を仕事で使うのもそのため。生の音声はその場で録音してないと記録に残し辛いけど、解析に残った通話ログは、その手の得意な人に後追いでも記録されやすいです。それを理解してるサクヤは、この状況を不便とは思ってません。
余談ですがカフェのマスターはサクヤ父の元・上司兼上級解析士(スパイ系)。ケセドの名が出た時点で少女たちの会話に知らぬふりを決めました。
状況により更新は遅れたりズレる可能性があり……すいません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ