この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

tokumei-kibou.

ここまで読んでいただいてありがとうございます。
小説みたいなものはずっと書いてはいたのですが、こうして公の場に晒すのは初めてで、だから怖くて、でもこうして読んでいただけたこと、本当に嬉しい。
ただ生きることさえ難しい世界ですが、また新しいお話も書きたいですし、また読んでもらいたいのでその時までどうか生きて、また会えたらまた会いましょう。ではでは。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0