この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

この度未来少年と過去少女を書かせていただきます。
このプロローグは未来少年が過去少女のオトモダチになって微笑ましく眺めていますが、
みなさんは知らない年上の少年にオトモダチになろう!とか言ってはだめですよ!!!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0