この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

49

しおり

閲覧感謝します。
遂に本物の門田由梨と再会を果たした小鳥遊先生だったのですが……。
美しいものには棘がある。
あ、話は変わりますけど
作者は解剖得意ですが、豚の眼球を2回だけしか経験がありません。
先生には上手だと褒められましたが、眼球の解剖くらい手先が器用でビビらなきゃ
読者様も簡単にできますよ!是非!
誤字脱字ありましたらコメントお願いします。
次回もよろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ