この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

孤壱(こいち)

意外にも早く続き書けました(笑)
絶好調!
マスターのハンカチは青でした。
ナイスアシスト。
店は存在しているようでしていないのです。
どこにあるかどんなカフェだったか、
覚えている人はいないのかもしれません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ