この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

0

T&Bear

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
少し補足説明があります。少年は、右の掌にしか紋章が刻まれていませんが、右手のみ魔法陣を開ける訳ではなく、どちらの手でも開けます。右の掌の紋章は呪いの証のようなものです。
次回「少女が探すもの」では、少年と少女が初めてコンタクトを取ります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ