この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

金崎あとらむ

はじめまして、あとらむと申します。
思えば小学生だった頃から、ノートにこうして、詩を書いてきました。
当時のままを、こちらに投稿させていただくつもりです。
これは、高校2年生の秋のおはなし。
感情のままに書きなぐっていましたね…
読み返してみると、なんかホラーっぽい?そうでもない?
読者の皆様には、表現を変えたりと、編集した方がいいんじゃないかと思われる方もいらっしゃると思います。
拙い表現、マイナスの感情、いろいろ混ざって、あんまり楽しくないかもしれませんが、当時の僕にここで生きていてほしいと願う僕のわがままです。
それでは、次のおはなしへ…

この作品が気に入ったら読者になろう!

1