この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

0

時雨ノ宮蜉蝣丸(九頭竜零)

割と前に書いていた小説。
口の悪い世話好きと、実は不器用なピエロでアクションがしたかっただけです。
友人が勝手に何やかんや妄想してニヤついていたのを複雑な心境で見ていたのはいい思い出。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0