この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

140

siva

おはようございます。作者です。
いつも閲覧、コメント、応援ぽちありがとうございます!
今回は少し文量が増えてしまって申し訳ありません。
どのくらいが読みやすいのかいまだに探り探りでやっています^^;
「こんくらいが読みやすい」「多すぎると大変」などありましたらコメントを頂けると嬉しいです(^^)/
さて、今回の倫太郎君はどうでしょうwww
不覚にもって彼は毎度のことだとおもいますけどww
そして素直にイチャイチャしたいといった有栖川先生は何を考えているのでしょうw
次回更新をお待ちください!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ