この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

16

無才乙三

ようやく話が動き出します。でもただの会話に見えても……みたいな。そういえば元々はギャグジャンルでしたが、途中で学園ジャンルに変更しました。筆者のギャグセンスが無さすぎてジャンルを変更せざるを得なくなったのです。というわけで6話でした。次回をお楽しみに(してくれる読者さんは果たして一人でもいるのだろうか)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0