この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

44

雪桜

忘れさせない、今度こそ…
***
閲覧&応援&コメント、いつもありがとうございます。レオは結月のために執事になり、結月のためだけに生きてきたような人です。離れていても8年思い続けてきたレオの愛は、きっと無償の愛だったのかもしれません。でも、なんの見返りも求めず、ただただ愛しつづける。そんな無償の愛を注げる人間は、はたしてどのくらいいるのか?無償の愛って、とても綺麗な響きですよね。まさに理想です。でも、与えるだけで、本当に何も返って来なかったら、愛する気持ちも、いつかは折れてしまうかもしれないなーと。何が言いたいかというと、与えられるのが、当たり前だと思わず、愛されている感じる相手には、しっかり愛を返していきましょうね?というお話…
はい。そんなわけで、結月からの愛情が不足してるレオさん、次回からはヤンだ部分が本領発揮されていくので、読む時は色々とお気をつけください(笑)

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ