この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

33

雪桜

夢を見る。彼岸の君に会うために…
***
閲覧&応援&コメント、いつもありがとうございます。結月が大切にしていた空の箱。実は、レオが手にした時には、既に空っぽでした。空になった理由がまた悲しいですが、その箱が、なぜ今結月の手にあるかは、この先のお話を読んでいただければと思います。
あと、玲二さん。やっぱり執事の親ですね。一人の女性を愛執する姿は、まさに親子…そんなわけで『黒革の手帳』の中身も分かったので、なぜレオが結月に見せたくなかったのかも、何となくお察し頂けたのでは?なかなか暗い過去編ですが、引き続きお楽しみ頂けたら嬉しいです。
***
次回予告は、1月14日にTwitterでフリート予定です(@yukizakuraxxx)

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ