この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

岩田こま草

古典落語「死神」では、主人公はろうそくの火を移す事が出来ず、火を消してしまい死んでしまうというオチです。でも、この物語はまだ続きます。(以降はオリジナルになります)
次話は千歳は前世の自分に会います。
その姿は意外なものでした。
ここまで読んで頂きありがとうございます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ