この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

0

小野冬斗

小:第3話を閲覧いただきありがとうございました!早速ですが、私から一つ物申したいことが
真:・・・尺の都合上次回予告に
小:私のアイコンが全然イメージと違うんだけど!なんでポニテなの!?私、ボブカットだよ!?黒髪ボブだよ?どっちかって言うと陽菜ちゃんのアイコンの方が近かったよ!?
真:今回の話は結構凝縮されてたのに、言いたいところ、そこなんだ
小:だって。女の子としては超重要だよ!?」
真:生憎、僕には関係ないから何とも言えない。ってか、君と一緒にこの場ってのもなかなか
小:そーゆーのは思ってても心の中にしまっておいてよ
真:君、だいぶ本編とテンション違うからね?気を付けてね?
小:だいじょーぶ。それじゃあ、次回予告!真君よろしく!
真:あ、そこは僕に投げるんだ。第4話はもう少しだけ高台でのお話。『記憶を心配する少女』をお送りします
小:お楽しみに!
真:ちなみに君、次回は登場
小:しっ!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ