この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

0

小野冬斗

真:最後まで閲覧いただきありがとうございました
詩:今回から登場しました。苗代真の妹の苗代詩音(ナエシロシオン)です。よろしくおねがいします
真:挨拶固いな。もうちょっと緩くてもいいんだぜ?
詩:いや、だって、ほら、めんどうだし
真:はっきり言うなよ
詩:ごめん。誰かに似ちゃって
真:俺に似たって言いたいのか?
詩:他にいないよね
真:ま、それもそうだな。
詩:それじゃあ、次回予告だね。おにぃ、よろしく
真:やっぱりこの役は俺なのな。えー、次回第5話は『記憶を気にしない少女』をお送りいたします
詩:内容的には各自報告に行くっていう内容だったっけ。あ、私は次回登場しません
真:次回登場するしないはもうここのお約束なのかよ
詩:読者にはっきりわかっていいんじゃない?知らないけど
真:適当かよ

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ