この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

0

小野冬斗

和:最後まで閲覧いただきありがとうございました!
小:ありがとうございましたー!
真:・・・なんで君までいるの?
小:そりゃあ、登場したからね!
和:そういうことだ
真:いや、君たち本編で接点ないでしょ?
和:ここは本編に一切関係ないからセーフだ
小:セーフセーフ
真:あっそ
和:素気ないな。聞きたいことがあるってのに
真:何?
小:真君のアイコン可愛いよね?
真:あぁ、あの熊ね。文章でしか出てないからわかりにくいけど
和:結構かわいいとこあるのな、お前
小:ね!ちょっと意外だった
真:あれは、妹が作ったぬいぐるみ
小:え?詩音ちゃんの手作り!?
真:・・・を、僕が手直ししたもの
和:器用だな
真:妹が不器用だからね
小:さて、そろそろ次回予告行くよ!
和:次回は、ここに陽菜も加わるな
小:第7話『記憶から逃げた少女』をお送りします!
真:(ここの枠、4人もいて大丈夫かな・・・)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0