この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

22

heim

心配をするだけ無駄な相手だと誰よりも知っている。(残念ながら)
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
ほぼほぼ最初から全部覗いてたorその場にいたケテルさんです。セフィラというのは本気出すか関係なく、その場のノリや勢い・思いつき程度の理由でも、その程度はすぐ実行できる存在。これは他のセフィラも同様で、彼らが本気を出せばこの世界でプライバシーが守られる場所なんて殆どありません。各セフィラ同士なら妨害や防御・攻撃といった対策も可能ですが、そうでない人々ではまず対策はないです。
なお勝手にあれこれ見る(知る)事に対する罪悪感は、ケテルにはありません。自分の領域において自分が好きに振る舞う事は、全て正当化されると本気で思ってるので。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ