この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

17

heim

椅子投げ。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
ケテルが使っていたのは、皆様がご存知の方の銃そのものですね。この世界の銃は一般的に解析で構成され、弾丸も解析で生み出すものなので、火薬で鉛玉飛ばす完全に物理構成の銃は「机上の空論の産物」でした。それを現実的な物に昇華し設計し製造したのがこの銃です。
この世界の一般的な銃である解析銃は、最低限、解析を使える人しか使えないモノです。あまり出回ってませんが、一応誰もが知ってます。
なおこの銃の設計・製造はケテルではありません。別のセフィラが、解析が使えない子に持たせる護身用の武器で何かないかなという試行錯誤の際に作っちゃったモノです。とても現実的な諸事情で没にしました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ