この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

22

heim

昨日の夕食すら怪しい。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
黙ってアインを突っ込んで終わりでもよかったんだけど、結局喋っちゃう。青い髪の彼的に、無垢な子供というのは相性が悪いっていうか、なんか相手に悪いような気がして、結局相手が理解できるか別にしても説明し過ぎちゃいます。大人とか小賢しい子ども相手だったら、そこまで気にしないんですけど。
第1の話もそろそろ終盤。もしこちらだけお読みの方がいましたら、本編終了後にでも第4の方も合わせてお読みいただければなぁって感じです。楽園外の世界の話がもう少し伝わるかもしれません。こちらで名前が出てない誰かさんも名前出て来ますしね! もちろんこちらだけでも全然大丈夫なんですけどね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ