この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

0

さがみね

ここまで読んでくださってありがとうございます、さがみねと言います。
このお話は実は私の体験記が半分ほど入っています。
いつかこういう文章を書いてみたいなぁと思って早いもので三年経ち、ようやく書き始めた今。
なんだか、何とも言えない幸福感と言いますか。ふわふわした気持ちでいっぱいです。
ここから「私」こと彩華ちゃん(中西彩華)が、どんどん考え方を変えていくところも見どころです。
自分でこんなこと言っていいのかわかりませんが、主人公には進化し続けてほしいなぁと。
ではまた一週間後に。一応この小説は毎週土曜日に更新する予定です!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0