この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

芝浜悠

お読みいただきありがとうございます。
これにて第三幕は幕引きとなります。
随分時間が掛かってしまいました。
第四章は長くなるのか短くなるのか、全く分かりません。
プロットだけならば第三幕と同じなのですが……。
全ては土御門と伊織次第ですかね。彼らがスムーズに事を運ぶかにかかっています。
ですので、責めるならば彼らを責めてください、なんて。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ