この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

10

芝浜悠

お読みいただきありがとうございました。
今回は随分と会話の多い回だった気がします。
以前どこかで書いたかもしれませんが、会話ばかり続くと不安な気持ちになります。読み手に自分の伝えたい状況、情景が伝わっているのか、心配になるのです。
と言っても、暫く部屋から一歩も出ていませんし、情景も何もあったものじゃないのですが。
さて、そろそろ三人の夕飯がかちこちになりそうなので、次回辺りには部屋の中での話も終わりにしたいところです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ