この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

9

芝浜悠

お読みいただきありがとうございました。
文明の利器というものはとても便利なものですが、いやはや、自分には手に余る代物のようです。
パソコンはやはりなかなか難しいものです。時代に置いて行かれている気がします。
愚痴はさておき、皆さま。令和あけましておめでとうございます。で、挨拶はあっているのでしょうか。
令和に変わった瞬間、自分は普通に布団で眠りについていましたが、皆様はどうでしたでしょうか。
そして、暫くパソコンを開いていない間に、なんと応援数が300を超えておりました。
本当にありがとうございます。
新しい時代となりましても、今後とも自分と、自分の作品を、どうぞよろしくお願いいたします。
追記:佐吉と州浜さんのアイコンが同じだったことに気が付き、今話では既に変更しております。過去更新分も随時訂正していきます。申し訳ございません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ