この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

8

芝浜悠

お読みいただきありがとうございました。
前回の話のタイトルがその前の話と重複しているのに今日の今日まで気が付きませんでした。
申し訳ありませんでした。
実は本日、自分の職場の先輩数名が仕事帰り、自分の部屋に遊びに来ました。
引っ越してから初めて人を上げたのですが、いやはや、自分がまさかあんなにも他人をパーソナルスペースに入れるのが苦手だとは思いもよりませんでした。
謎の自分ルールや自分のテリトリーを他社に侵されたくないという願望は、誰もが持っているものだと、当たり前のことであると少し願ってしまいます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ