この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

芝浜悠

お読みいただきありがとうございます。
気付けば50話を迎えていました。今回の投稿作業をするまで全く気づきませんでした。
ずいぶん遠くまで来たものです。
いつもお付き合いいただき、心より感謝申し上げます。
さて、話は突然変わりますが、文豪所縁の場所というものは、映像で見るだけでも感動するものですね。
その店に行けたならば、尚のこと。
個人的な話ではありますが、先日、映画を見に行きました。とある自殺常習文豪を映画です。
その作中に、とある銀座のバーが登場しました。はっきり申し上げましょう。あの有名な『ルパン』が登場したのです。上映中に歓喜の声を上げなかった自分を褒めたいものです。
更に、あの作家までバーに登場したものですから、言葉で表せない感動が心を満たしました。
あの映画を見ると、安易に「恥の多い生涯を」などという言葉が使えない気がしてきます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ