この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

芝浜悠

お読みいただきありがとうございます。
そして、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
普段ですと正月一日に投稿はしないのですが、皆さまお察しの通り、30日の更新を忘れておりました。
完全に記憶の彼方へ消えておりました。
思い出したのが除夜の鐘を聞き、年を越して、さて眠ろう、という時でした。
それでありながら、この時間になりましたのは、新年早々の仕事と、新年の挨拶を済ませて漸く更新という運びとなりました。
新年早々幸先が不安な始まりとなりましたが、どうぞ生暖かい目で見守っていただけたらと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ