この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

芝浜悠

お読みいただきありがとうございます。
吹き出しの色ですが、伊織と土御門の二人とも青なので、土御門の色を変更しました。
二人だけで会話する間は、暫くこうする予定ですので、ご了承ください。
さて、前回の更新よりコメントをいただきまして、誠にありがとうございます。
これを励みにし、精進させていただきます。
もうすぐ一年の半分が終わるのかと思うと、不思議な感じがします。
なんやかんや引きこもり続きで、自堕落な日々を過ごし、一日の半分を床(とこ)の上で過ごすという身にもならない時を過ごしていただけに、あっという間な気がしてなりません。
そして、規則正しい生活は会社のお蔭で成り立っていたかと思うと、働くことの大切さが身に沁みます。
それでも働いている間にはつい思ってしまいます。働きたくない、と。
我儘ですかね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ