この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

芝浜悠

お読みいただきありがとうございます。
前回で説明回パート1が終わりました。
漸く、僅かではありますが動きが出てきました。
パート1と申し上げました通り、実はまだこの幕内で説明回があります。
陰陽師という存在の登場によって、次々と裏情報が詳らかになっていきました。
ある程度設定を練っても、機会が無ければ出すつもりはないでしたが、土御門が当初思っていた以上に言わなくてもいいことを言ってくるので、自分でも少し困ってしまいます。
彼の我儘、立ち振る舞いに、今暫く伊織と作者と共に皆様にもお付き合いいただければと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ