この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

しろ

お読み頂き、ありがとうございます。
いやあ、彼がどんな存在なのか、気になりますね。
作者が誰よりも気になってます。
このお話の展開は結構浮かんでいるのですが、頭で描いているものに、現実で形にするものが追いつけていない。
ぐぬぬ。
次回も、よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ