この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

希苺のえる

リノが夜一人で思いつめてしまわないように、お母さんが幸せな悩みを与えてくれましたとさ。
お母さんって、自分が思ってるよりも自分を操作するのうまいんですよね、実は。
さて。リノちゃんはデートのお誘い、ちゃんとできるんでしょうか。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0