この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

147

九条りりあ

ちなみに作者は先々月アラサーの仲間入りを果たしました。悲しみです←
今聞かれたくないことは年齢で、今欲しいものは時間を止める装置です←
ということで、アラサーメインの話、そして書きたくて書きたくてたまらなかった王子の溺愛ものに挑戦してみようと思い立った結果、
『アラサー令嬢の婚約者は、9つ下の王子様!?』という話が出来上がりました!
楽しんでいただけたら嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0