この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1

鴻ノ木悠里

自分の信じていることが間違っていた、なんて、よくあることだ。
そのことに、本人だけが気付いていないことも、よくあること。
『嘘』とは違う、『勘違い』。
悪意のある『嘘』と違って、『勘違い』は責められない。
けれど、例えば。
仮に自分の想いが、間違っていたとして。
私がその間違った想いを、高らかに主張した場合。
――私は嘘をついたことになるのかな。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ