この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

11

岩田こま草

読んで頂きありがとうございます。
これは私の嫁の話ですが、こんな事があったそうです。
ケーキ屋さんに行って七百円払おうとしたら、財布の中は一万と四百円しかなかった。
店員さんはそれを見て「四百円でいいですよ」と言ってくれたそうです。
それ以来、我が家はそのケーキ屋さんを贔屓にしてます。
お店側も色々思惑があるのでしょうが、それに乗っかってみるのも縁なんでしょうね。
次話はこのエロ本の本当の価値のお話です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ