この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

0

潮山

適当に書きました(建前)
小説の概念を失った男(辞書を引かない奴)
私は、信望ある誰もが言う「楽しむ」ことが出来なかった輩です。
毎日毎日、何かを書くことだけを考えてしまう。
それでも時間を掛け、食費を浪費し、寝る間も削り、
形に出来たのは、薄暗いものだったり、悩めるものだったり。
あれから10年経とうとし、相手にされないことにも慣れておりましたが、
まさか、ここで最初に投稿したものが、運営のガイドラインに違反したものになったので、
現在も公開停止中なその作品には永遠に日の目はないでしょう。
読者からコメントは貰えないのは覚悟してましたが、運営から叱咤のメールが届く珍事。
「あーー、一応、みてらっしゃるんだな」と思う次第です。
今更面白いとか、感動させられるものとか。
私には難しいのかなと、半分諦めておりますが。
それっぽい曲を聴きながら、どうしようかなと悩んでます。
こんな大人になるなよ

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0