この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

42

heim

問答無用。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
選択肢を与えないエメラルド。それに意味がないことを知ってるからです。仮にこの時点で彼に「どうする?」って訊いたところで「いえ、僕なんかにお構いなく」と逃げる以外ありえないと。押しかけ師匠候補は弟子候補を逃す気なんてありませんし、その意思を尊重する気も(この時点では)ないのです。
結果的にクリアは独り言を言ってると思ってた相手が突然魔術を使ったことに驚く間も無かったし、逃げることも出来ず術中に嵌りました。まぁまだ魔術士でない彼に抵抗の方法なんてなかったんですけども、魔術士前の子を無許可で深淵に落とすのは非常に乱暴な行為です。良い子が真似しちゃいけない系です。

この作品が気に入ったら読者になろう!