この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

32

heim

翌日には図鑑を持って庭に向かいました。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
クリアには己が真面目だという自覚は無いですが、イガルドから見れば、親から頼まれたとはいえ何の縁もない子どもを一切の迷いや後悔なく己の全部で守護出来るその行動こそ真面目です。結局野の花を覚える趣味は後々まで持たないんですが、知らない花も図鑑で調べられる程度には見た目を覚えられるようになったイガルドです。
サフの真面目さの根幹は間違いなくこの二人ですね。両親や主からは別のものを貰ってます。少なくとも真面目さじゃないのは確か。でももし母が生きててこの二人とあまり縁がなくても、親を反面教師にしてある程度の真面目さは育ってたと思われます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ