この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

32

heim

ひとりで迷わせないから。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
どんなに状況が変わろうが、シロが一番気にしているのは常にイガルドのことです。今回体を大きくしたのは、小さいよりも大きい方がどっしりしてて頼り甲斐がありそうだからっていう発想。周囲の雰囲気とか用途とか気分に合わせて割と体の大きさは変えまくってる魔物です。
どんなに生活が落ち着いたって、否、落ち着いたからこそ、今の状況にある自分に対し不安に襲われるイガルドだけど、毎回それはシロに掬い上げられてます。過去に見逃してしまった結果の一つが故郷からの出奔だと思ってるシロは、もし鬱陶しがられたってもう二度と見逃す気は無いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ