この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

32

heim

反応狙えるほど器用じゃない。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
恋という字は恋歌の名前にも入ってますし、常葉にとっては恋と恋歌は不可分なもののようです。彼が恋を前向きに捉えることができるようになったきっかけが恋歌でもありますし。
常葉は自分の言葉で恋歌が反応してくれることが可愛くて仕方ないんですが、やり過ぎたら恋歌だって拗ねます。まぁ完全な痴話喧嘩にしかなりませんけど。恋歌の方は全く狙うことなく常葉を恥ずかしがらせることが多いです。頻度的には常葉の方が多いけど無自覚な恋歌の一撃の方が毎回重いので、結局はお互い様って感じですね。
常葉がふわっと恥ずかしい事を言う時の多くは、恋歌の反応で初めて気づくってくらい無自覚です。でも恋歌の方が恥ずかしがるから、照れ損ねる感じ。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ