この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

24

heim

たまには彼も意趣返しする。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
はっきり言えばハーミットは花の良し悪しが分かるほど花に興味がないです。野に咲く花も温室の貴重な花も、彼にとっては全部単なる花に見えます。だから指差した花自体には興味がなく、単にその花が一番彼女を連想させたから選んだというだけです。
彼にとって愛でたい花は世界で一つだけ。手に入れた後の執着がどうなるかは、今はご想像にお任せします。
春が感じられるようになってきた今日この頃。出会いや別れや環境の変化、あれこれある方もいらっしゃると思います。今後しばらくわたわたして忙しい方も、いつかお暇ができた頃にご覧いただければと、特に忙しくなる予定のない身ながら願っております。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ