この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

25

heim

「ねークリア、アミル。メルティアちゃんから、私にお手紙来てるって言われてるけど」
「メルティアのとこに、お前宛? 誰から」
「アルカーヌムのクロウリーさんだって」
「えぇ〜…………結局そこまでバレちゃってる感じ?」
「…………いや、多分クロウリー本人じゃないっすね……」
「あー、リリアーナさん、か……」
「読んじゃダメ?」
「……うーん……どうだろ、それは」
「そりゃ、突っ返すべきだろ。メルティアの立場的には」
「気になるけど。二人がそう言うなら仕方ないね……」
「仕方ねーな。そんな気になるなら他に方法あんだから、手紙は諦めろ」
「え? 本当? わかった!」
「……(アミルってそういうとこ甘いよねぇ)」
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ