この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

28

heim

勇者は調理スキルもカンストしてます。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
こんなこと言ってますが勇者には味の好き嫌いがないです。何でも食べられます。もっと言えばモンスターですら(食べられる系統なら)美味しい料理にできます。残念ながら聖女と会った時点で一般モンスターはほぼ出てこない終盤なのでその機会は無いですが。
朝食をご一緒どころか、この先の食事全部ご一緒する気満々な勇者ですが、その辺の知識が薄い聖女はそれが意味する未来をまだよく分かってないようです。
聖女は好き嫌いっていうよりも苦手な食べ物が先に判明していきます。その最初の機会がこの直後からですが、そこまで書くと長くなりすぎるのでそれはまたの機会にってことで。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ