この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

32

heim

でもきっと、その時が来てしまったら。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
そんな難しい内容じゃなくても流暢に喋られると聞き取れなかったりしませんか? 自分はします。日本語ですら電話とか稀に聞き取り怪しいのにまして不慣れな他国語ってなるともう。常葉の喋った内容は敢えて訳しませんが、彼はきっとその時が来ても言えません。単なる好き嫌いからくる別離とは違う別れの可能性は常葉の中にいつも存在しています。
聖女に関しては、何故か風呂だけなら既に考えてたりします。自分が忘れなければいつか書いてしまうかと思いますが……トイレはどうでしょうね。わりとゲーム的な世界なので敢えて考えてませんでしたが、仮に想定した場合、恐らく神殿では自由に好きな時行けてない気がします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ