この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

21

heim

胃袋から掴む気満々じゃねーか。(by.レイ)
__
閲覧・応援・お気に入りありがとうございます。
こちら「甘い匂いの贈り物(2019 バレンタインデー)」の続きとなります。未読の方はそちらもどうぞ。ケセドは料理が上手いというより、失敗しない人です。材料に不足なく解析使えばレシピの完全再現も難しくないので。
ケセドにとって一番はヒナの幸せだけど、そこに自分が絡む為の努力は惜しみません。結果として傍目からは色々能力の無駄遣いしてる感じですが、本人的にこれ以上ない使い道だと思ってます。
3月もそろそろ終わり。通常更新が丁度終わったばかりなんですが、実はまだ次が決まってません。しばらくの間、この小話でお茶を濁そうかなんて性懲りもない事を考えたり……。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ