この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

14

heim

今後は気をつけよう。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
青薔薇姫は猫舌というか熱いものを咀嚼するのが苦手です。絶対出来ないって程じゃないけれど、あんまりしたくないっていう感じですね。飲み物もそんなに熱くない方がいいので、自分で用意する場合にはちょうど良い温度にしてます。古谷はこの後から青薔薇姫に出す物の温度に気をつけるようになります。本編中で青薔薇姫が温かいものを飲んでますが、実は普通の人が飲む温度より低めのものです。
小話が増える程に自分の首を絞めてる気がしたりもするんですが、小話では本編では難しい範囲の伏線回収のみならず、いつかの未来で皆様に思い出して貰えた際に納得して頂けるようにと思って書いてたりもします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ