この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

21

heim

大体火加減がおかしいので、結局まずい。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
クロウリーにとってのリリアーナは親であり師であり姉であり、それら並に大事な何かです。リリアーナにとってもそうで、結果この師弟も一般的な師弟関係とは異なってます。リリアーナは自分なりにクロウリーを可愛がってるんですが、彼女の半生がちょっと変わってるせいか方法がズレてる部分も多々あります。手作りのお菓子を振る舞ってしまうのもその一つ。
クロウリーはそれに困ってますが凄い嫌って訳じゃないので毎回折れてしまうし、リリアーナはこの後自分でもちゃんと食べます。そして二人で今回も不味いねって言い合うまでが何時もの流れです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ